電子商取引プラットフォームの運営と独立サイトの運営の比較

クロスボーダー電子商取引に関わる場合、まず独立サイトの運営と電子商取引プラットフォームの比較を理解する必要があります。国内または海外、どちらでも、電子商取引の基本ロジックは一貫しており、主に製品、トラフィック、変換の3つの部分が関係しています。

製品

どのような製品を選択するかが重要です。自分が理解して興味をもっているカテゴリーから始め、現地または近隣の商品の利点を考慮し、電子商取引プラットフォームのデータ取得を通じて主要製品のスタイル、価格などを判断することができます。

トラフィック

トラフィックの入り口は主に電子商取引プラットフォームと独立サイトの2種類に分かれます。例えば、Google検索時にamazon.comドメインにクリックして入ると、アマゾンの電子商取引プラットフォームに入りますが、自分のドメインにクリックして入ると独立サイトに入ります。

変換

変換の面では、電子商取引プラットフォームにとって、製品の主要画像、ビデオ、詳細な説明などが購買意欲を生み出しますが、プラットフォーム自体のトラフィックはリピート購入には不利です。一方、独立サイトにとって、製品の詳細ページ、ホームページ、店舗紹介などは購買欲望を促進し、自分でトラフィックを誘導する必要がありますが、顧客の浸透とリピート購入に有利です。

独立站运营

独立站运营主要围绕引流、流量维护和客户沉淀展开。具体的操作方法将在后续进行拆解阐述。如果以上内容还不够清晰,请点赞留言,一起交流提升吧!